スポンサーリンク

Windows XPからwindows8.1(8)へのデータ移行(Outlook Express)

Windows XPからWindows8.1(8)へのデータ移行でインターネット接続に次ぎにメールの設定の移行が多いように思います。

インターネット接続はWindows XPからwindows8.1(8)へのデータ移行(Wi-Fi設定)を参考にしてみてください。

Webメールを使っている場合はほんとに何もいらないのでインターネット接続だけで終わりですね。外出先でもスマホでもネットにつながればメールチェックが可能です。ただ、オフラインのときやサーバのメンテナンスなどの場合に困ります。hotmailやGmail、Yahoomailなどお使いの方はそのままブラウザでお使いいただくかウィンドウズ8.1(8)のタイルのメールアプリをお使いになれば簡単です。

Windows XPから移行といった場合はOutlook Expressをお使いの方が多いのではないでしょうか。最初からインストールされているし無償だし。ということでOutlook Expressからのメール移行をご説明したいと思います。

インストールおよび設定はのちほど紹介しますが、ウィンドウズ8.1(8)側のメールアプリはWindows Live Mailを使用します。メーラーは無料のものがたくさんありますが、Outlook Expressからの移行が簡単でOutlook Expressぽいインターフェースで違和感があまりないと思います。

メールの移行で必要なものは

  • メールアカウント
  • 今までのメッセージ
  • アドレス帳

だと思いますのでまずWindows XPのOutlook Expressから順に1つずつデータをぬきだしていきます。

メールアカウント

Outlook Expressを起動します。

outluukexpress

メニューバーのツールをクリックしアカウントをクリックします。

outluukexpress_1

インターネットアカウントというダイアログボックスが開きます。タブがいくつかありますが、メールをクリックします。アカウントの下の文字をクリックして選択します。(複数メールアカウントがある場合は作業を繰り返してください。)そしてそのまま右のエクスポートをクリックします。

outluukexpress_2

どこに保存するかを聞いてくるのでマイドキュメントやらUSBメモリーなどを選択してください。どこに保存したか忘れないようにしてください。

outluukexpress_3

勝手にファイル名が入っているので保存のボタンをクリックします。これでメールアカウントの設定が保存されました。ダイアログは閉じてください。

outluukexpress_4

メールメッセージ

次にメールを保存します。メニューバーのツールをクリックしオプションをクリックします。

outluukexpress_5

オプションのダイアログが開きます。メンテナンスタブをクリックします。真ん中ちょっとしたの保存フォルダをクリックします。

outluukexpress_6

保存場所というのが開くので中の文字列を範囲選択し右クリックでコピーしてください。

outluukexpress_7

コピーができたらマイコンピューターでもマイドキュメントでもかまいませんので何かのフォルダーを開いてください。そのアドレス欄を消して今コピーした文字列を張り付けてエンターキーを叩きます。

outluukexpress_8

フォルダの中身がメールメッセージのファイルです。1階層上にあがってフォルダごとコピーしたいので下図のメニューバーの表示の下の緑の上向き矢印のあるアイコンをクリックします。

outluukexpress_9

1階層上に移動しました。Outlook ExpressというフォルダごとコピーしてマイドキュメントやUSBメモリに保存しましょう。

outluukexpress_10

 

アドレス帳

Outlook Expressのツールバーにあるアドレスをクリックしてください。メニューバーのファイルをクリックしエクスポートでアドレス帳もありますが、移転先のWindows Live Mailはこれから作業をするWAB形式で読み込めますのでまずアドレス帳を開きます。

outluukexpress_11

開いたアドレス帳のメニューバーのフィルをクリックし、エクスポートをポイントしアドレス帳をクリックします。

outluukexpress_12

適当な保存場所マイドキュメントやUSBメモリにわかる名前を付けて保存します。

outluukexpress_13

保存のボタンをクリックします。

outluukexpress_14

これでWindows XPのOutlook Express側は終了です。USBメモリーなどに保存し、新しいパソコンにデータをコピーしておくかUSBメモリーにデータを入れたまま新しいパソコンで作業します。

 

Windows8.1(8)側でメールソフトをインストールします。検索するならWindows Essentialsが良いと思います。

Windows Essentialsのページから今すぐダウンロードをクリックし実行します。

essentials

環境にもよりますが以下のようなダイアログボックスが表示され.NET Frameworkのインストールを促されるかもしれませんのでこの場合はインストールしてください。

essentials_1 essentials_2 essentials_2_1

.NET Frameworkのインストールが終了したら閉じるボタンをクリックします。

Windows Essentialsはメールソフト以外にもいくつかありますが、下の今回はインストールする製品の選択をクリックします。(別にすべてインストールしてもかまいません)

essentials_3

インストールする製品の選択した場合はどの製品のインストール化を選択できますのでメールを選択します。

essentials_4

インストールのボタンをクリックします。

essentials_5essentials_6

私の環境では閉じるボタンをクリックしても自動で起動しませんでした。文面からは自動で起動しそうな気がするのですが。

すべてのアプリのからアイコンを探してみます。essentials_13 を見つけてください。見つからなければ「mail』でアプリを検索してみてください。

essentials_10

アプリを起動します。

essentials_11

初回メールアドレス設定のダイアログボックスが起動しますがキャンセルをクリックしてください。

essentials_12

メールアカウント

左上のファイルをクリックしオプションをポイントします。右にメニューが表示されるので電子メールアカウントをクリックします。

essentials_14

アカウントのダイアログボックスが表示されるのでインポートをクリックします。

essentials_15

どこにファイルがあるか聞いてくるので先ほど保存したファイルのある場所を指定し、ファイルを選択します。

essentials_16

開くをクリックするとインポートの完了です。

essentials_17

 

メールメッセージ

左上のファイルをクリックしメッセージのインポートをクリックします。

essentials_18

メールインポートのダイアログボックスが表示されますのでMicrosoft Outlook Express 6を選択し、次へをクリックします。

essentials_19

メッセージを保存したファイルの場所を聞いてきますので先ほど保存したフォルダを指定します。

essentials_20

すべてのフォルダーを選択し次へをクリックします。

essentials_21

メッセージがインポートされます。

essentials_22

完了です。

essentials_23

 

アドレス帳

左下のほうのアドレス帳をクリックします。

essentials_12

 

ファイルタブの中のインポートをクリックします。Windowsアドレス帳(.WAB)をクリックします。

 

essentials_25

先ほど保存したアドレス帳を指定します。開くをクリックします。

essentials_26

完了です。

essentials_27

お疲れ様でした。

 

スポンサーリンク

Windows XPからwindows8.1(8)へのデータ移行(Outlook Express)」への2件のフィードバック

  1. アドレス帳のxpから8.1への移行でxpでWAB形式で保存したのですがLIBメール側でiaf形式の表示しかなく読めません。

  2. kana様
    移行先はWindowsLiveMailですよね。アドレス帳の移行は下から4つ目の画像の場面で左下にあるアドレス帳をクリックしてください。そうすると下から3番目の画像と同じになるはずですのでインポートから.wab形式を選択してください。
    iafはメールアカウントのはずですから、どこかで手順をとばしてしまったかもしれませんね。
    もう一度、お試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です