スポンサーリンク

グラフ1(棒グラフ作成)

エクセルといえば、グラフですか。表計算機能、データベース機能、グラフ機能とエクセルでよく利用されていますね。

グラフ機能は多岐にわたりますのでグラフ1(棒グラフ作成)ということでまずは棒グラフの作り方です。

グラフのもとにになるデータを入力します。(図はexcel2013)

graph2013

棒グラフにするデータを範囲選択します。 graph2013_1

挿入タブのグラフからおすすめグラフをクリックします。おすすめグラフのボタンはexcel2013から登場しましたのでエクセル2010、エクセル2007でグラフを作成する場合は縦棒のボタンをクリックします。

graph2013_2

グラフの挿入のダイアログボックスが表示されます。

graph2013_3

左側にお勧めのグラフが表示されます。おすすめ以外のグラフを作成する場合はすべてのグラフのタブをクリックします。今回は普通の棒グラフを作成しますので集合縦棒と表示されている状態で、OKボタンをクリックします。

excel20010、excel2007の場合は挿入タブのグラフで縦棒ボタンをクリックします。(図はexcel2010)

graph2010

メニューが表示されますので2-D縦棒の左端の集合縦棒を選択するか一番下のすべてのグラフの種類をクリックします。

graph2010_0

すべてのグラフの種類をクリックするとグラフの挿入のダイアログボックスが表示されますので縦棒の集合縦棒をクリックします。

graph2010_1

グラフが作成されました。(図はexcel2013)

graph2013_4

グラフが選択された状態ではリボンにグラフツールが表示され、デザインタブと書式タブが出現します。この2つのタブとグラフの右隣に表示されている3つのボタンでグラフを調整します。

excel20010、excel2007のはグラフの横にボタンはありません。グラフを選択している状態でグラフツールにデザイン、レイアウト、書式の3つのタブが表示されますのでここから調整します。(図はexcel2010)

graph2010_2

また、エクセル2013はデータ範囲を選択した時に表示される右下のクイック分析のボタンからグラフの作成が可能です。

graph2013_5

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です