スポンサーリンク

セル参照、シートを越えてセル参照、ブックを越えてセル参照

ご存知の方にとっては当たり前のことですが、エクセルは違うシートのセルの値や違うエクセルファイルのセルの値を参照することが出来ます。

同じシートでのセル参照

以下のような簡単な表で各商品の小計と全部の商品の合計があります。

cellsansho

sheet1のセルD2には =C2*C3 の数式が入力してあり、セルD4までオートフィルでコピーしてあります。セルD5には =SUM(D2:D4) という数式が入っています。このセルD5の値をセルG1にも表示させたいです。

cellsansho_1

セルG1に =SUM(D2:D4) を入れて計算してもかまいませんが、セルG1の値はセルD5と同じですということで、=D5 としておけばよいでしょう。

シートを越えてセル参照

違うシートのセルの値を使って計算するときも同じ要領で可能です。新たにsheet2に品名と数量を入れてsheet1の単価を使って計算します。

cellsansho_2

sheet2のセルC5の合計はsheet2のセルB2の数量とsheet1のセルB2の単価を掛けて求めています。

セルC5には =B2*Sheet1!B2 という式が入っています。

Sheet1!B2はsheet1のセルB2の値という意味になります。この時、sheet1!と手入力すると手間もかかりますし間違いのもとです。

手順はまずC2のセルに=(イコール)を入力します。セルB2をクリックし、掛け算なので*(アスタリスク)を入力します。この時点でセルC2は =b2* となっています。次にsheet1のシート見出しをクリックしsheet1に切り替えます。sheet1の単価のセルB2をクリックします。

cellsansho_3

この時点で数式バーには=B2*Sheet1!B2 が表示されています。これで完成ですからenterキーをたたいておいてください。

シートをまたいで値の参照が出来ました。このエクセルファイルを任意の名前で保存します。今回はセル参照という名前を付けてマイドキュメントに保存しました。

次にファイルをまたいでセル参照してみます。新しいエクセルファイルを作成します。先ほどのsheet2と同じように新しいエクセルファイルから今保存した、『セル参照』というファイルのsheet1のセルの値を使って計算してみます。

cellsansho_4

新しいエクセルファイルのセルC2に=(イコール)を入力します。セルB2をクリックし、掛け算なので*(アスタリスク)を入力します。この時点でセルC2は =b2* となっています。次に『セル参照』というファイルのsheet1の単価のセルB2をクリックします。この時点で数式バーには=B2*[セル参照.xlsx]Sheet1!$B$2が表示されています。[と]の間に数式が参照しているファイル名が記述されています。

これで数式を完成としたいのですが、この数式をセルC3とセルC4にも計算式をオートフィルを使ってコピーするとうまくいきません。

cellsansho_5

=B2*[セル参照.xlsx]Sheet1!$B$2の数式のSheet1!$B$2の部分ですが今回はSheet1!の後に$B$2と$マークがついています。この$マークは絶対参照なのでオートフィルでコピーしたときに$b$2は変化しません。(全部リンゴの単価になってしまいます)

エンターでこの数式を確定する前にF4キー(ファンクションキー4)を3回押して$マークを消してください。

cellsansho_6

これでオートフィルでコピーした時にも正しい結果になりすのでEnterで確定してください。

もう一つ注意点ですが、ファイルをまたいでセル参照をした場合、ファイルの保存場所に気を付けてください。参照している方は参照されているファイルを探すのに保存したときのフォルダ関係をもとにしています。配布したり、移動する可能性がある場合は同じフォルダに保存しておくのがいいと思います。

cellsansho_7

また、参照される側のファイル名を変更すると参照先が見つけられなくなりますので注意してください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です