スポンサーリンク

折れ線グラフ1

折れ線グラフを作成しましょう。

エクセルには沢山のグラフの種類が選択できますので最適なグラフを選んで作成できるようにしてください。折れ線グラフや棒グラフはいろいろなところで見たり、作成したりしてると思われるので今更な気がしますが、主に何かのデータの変化をよりわかりやすくするため、時間経過を横軸(X軸)として値を縦軸(Y軸)に設定します。

グラフの作成方法はグラフ1(棒グラフ作成)とほとんど変わりません。まず表(データ)を用意します。

表の中にグラフに使わない列や行がないかどうか確認してください。合計や平均などはグラフにしないと思います。

表にグラフに使用しないデータがない場合は表の中のセルを選択しておきます。もし表にグラフで使用しないデータがある場合はグラフに必要なセルを範囲選択します。

挿入タブのグラフの折れ線/面グラフの挿入をクリックします。

折れ線グラフの種類が選択できますのでどれか選びます。マウスポインターをポイントした時点でプレビューでグラフが表示されます。今回はマーカー付き折れ線を選択します。グラフの選択時に積み上げもしくは100%積み上げを選択すると各項目(今回なら各支店)を累計しながらグラフが描画されるので直感とは違うグラフになりますので気を付けてください。

エクセル2013以降はデータ範囲を選択した時に表示される右下のクイック分析のボタンからグラフの作成が可能です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です