スポンサーリンク

封筒印刷

ワードで作成した文章を印刷できれば特に真新しい事ではありませんが封筒にも印刷できるということをあらためて確認してください。

印刷会社さんに1000枚単位で自社封筒の印刷を頼んでしまったために住所や電話番号を変更したのに古い封筒を訂正して使っているとか、廃棄してしまったとかよく聞く話ですね。

必要な時に必要な数だけ封筒に自社のロゴや住所を封筒に印刷すれば無駄がなくていいですよね

数は私が実際に使っている封筒の印刷をアレンジしたものです。A3用紙をよく使いますので長形3号 (120×235mm)が便利です。A4用紙縦3つ折りにして入ります。もちろん定型郵便になります。

用紙設定の方法はワードで年賀状作成(文面)にもありますが(ページ)レイアウトタブの用紙設定のサイズをクリックし選択しますが長3封筒相当のサイズがないかもしれませんので、その他の用紙サイズをクリックします。

用紙設定 その他の用紙サイズ

ページ設定の用紙のタブの幅と高さにそれぞれ数値を入力します。

郵便番号や住所、宛名などすべてテキストボックスを利用しています。自由な位置に配置できますので便利です。枠線と塗りつぶしは共になしにしています。請求書在中(四角形:角を丸くするという図形)や差出人はテキストボックスの枠線を変更しています。

印刷の設定で長3相当の用紙を設定するのがポイントです。封筒購入時のパッケージにサイズ(120×235mm)が書いてあると思います。あとは印刷のトレイの枠を調整するか、手差しトレイをうまく設定してください。その他のサイズの封筒も同じ要領で封筒のサイズを手入力していただければ対応できます。

印刷会社さんには悪いですがこれで必要な時に必要な枚数封筒印刷ができます。

スポンサーリンク

封筒印刷」への12件のフィードバック

  1. ピンバック: doctor dead by daylight
  2. ピンバック: Interior Design
  3. ピンバック: agencia de viajes en managua
  4. ピンバック: download messanger
  5. ピンバック: Mitch Brownlie Australia
  6. ピンバック: contact us
  7. ピンバック: Vegas 168
  8. ピンバック: didi free credit

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です