スポンサーリンク

グリッド線を引いてみる

ワードには、グリッド線なるものがあります。

グリッドは格子または格子状のものを指しますので、ワード上に格子状の線が引けるということです。使い道はあまり思いつきませんが、結構しっかりレイアウトする場合など便利ではないでしょうか。各パーツの大きさや配置などグリッド線があれば確認しやすいのではないかと。

gridline

表示タブの表示グリッド線というところにチェックを入れればグリッド線が表示されます。

gridline_1

グリッドは格子のことだから縦横に線が引かれると思いましたよね?横線だけが引かれました。表示タブのグリッド線ではグリッド線を表示するかしないかだけの選択なので詳細の設定はできません。

レイアウトタブの配置の配置をクリックし一番下のグリッドの設定をクリックします。word2010、word2007はページレイアウトタブです。

gridline_2

グリッド線のダイアログが表示されます。

gridline_3

文字グリッド線を表示する間隔にチェックを入れると縦線が表示されます。

gridline_4

縦線と横線の密度がちょっと違いますが縦横の線が表示されました。正方形のマス目がほしい場合は再度グリッドの設定で行グリッド線の間隔を1にすればうまくいきます。

gridline_5

このグリッド線は印刷はできませんし、原稿用紙のように升目に文字を1つずつ埋め込むのには適しておりません。

原稿用紙原稿用紙2などを参考にしてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です