スポンサーリンク

Windows10アップグレードシステム要件

WINDOWS10にアップグレードできるか

PCがWindows10に対応しているかを確認してみます。システム要件として5項目上がっていますので転記してみます。

  • プロセッサ:1 ギガヘルツ (GHz) 以上のプロセッサまたは SoC
  • メモリ:32 ビット版では 1 GB、64 ビット版では 2 GB
  • ハード ディスクの空き領域: 32 ビット版 OS では 16 GB、64 ビット版 OS では 20 GB
  • グラフィックス カード:DirectX 9 以上 (WDDM 1.0 ドライバー)
  • ディスプレイ (画面解像度): 800×600

が挙げられています。

プロセッサとメモリ

プロセッサとメモリはコンピュータのプロパティの画面で確認できます。エクスプローラでPCを右クリックしプロパティをクリックします。(図はwindows7)

pc

システムのプロセッサにGHzがかかれています。xpのはじめころだとMHzかもしれませんこの場合は要件を満たしません。メモリもすぐ下に記載されています。32ビット版か64ビット版かはメモリの下のシステムの種類を見ればわかります。

pc_1

ハードディスクの空き容量

ハードディスクの空き容量はエクスプローラーですぐに判断できると思います。(図はWindows8.1)

file_1

DirectX

グラフィックスカードDirectX9はちょっとわかりにくいですね。

Windows7ではスタートボタンをクリックし一番下のプログラムとファイルの検索の欄にdxdiagと入力します。

pc_2

少し画面が変わってdxdiagというのが表示されます。そのままEnterとしてください。

pc_3

DirectX診断ツールというものが表示されます。

pc_4

DirectX診断ツールが表示されシステムタブにDirextXのバージョンが書かれています。プロセッサやメモリも表示されています。

Windows8.1の場合は左下のwindowsマークを右クリックしファイル名を指定して実行をクリックしdxdaigと入力しEnterとします。

file

DirectX診断ツールが開くのであとは同じです。

画面解像度

画面解像度は800×600となっています。これはデスクトップの何もない所で右クリックして画面の解像度をクリックするとわかります。

pc_5

 

解像度の右に表示されています。これはプルダウンメニューで変更することも可能です。

 

 

pc_6

いずれも最小値ですのでDirectXは9以上ですので11ならばクリアです。

私のノートパソコンはもともとwindowsXPが搭載されていたパソコンですがメモリだけを2Gに増設しましたが、それ以外はすべてクリアでタスクバーに右にgetWindows10のウィンドウズマークがでて、アップグレードを待ちかねています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です