スポンサーリンク

蛍光ペン

文字を強調したい場合などに利用できます。文字の背景が蛍光ペンで指定した色に塗りつぶされます。

方法1
蛍光ペンで強調表示したい場所を選択します。ホームタブのフォントの蛍光ペンの色のボタンの右の▼(三角)から任意の色をクリックします。(図はword2013)

keikopen

方法2ホームタブのフォントの蛍光ペンの色のボタンの右の▼(三角)から任意の色をクリックします。蛍光ペンで強調表示したい場所をドラッグします(マウスポインタの形状を確認。蛍光ペンのような形)。終了するときは再度、ホームタブのフォントの蛍光ペンの色のボタンの右の▼(三角)から蛍光ペンの終了をクリックします。

keikopen_1

おすすめは方法1ですが複数の場所を蛍光ペンで塗るのは手間がかかります。方法2は複数の箇所に続けて蛍光ペンを設定できますが、終了するときに1動作が入ります。

色の変更ですがワードのマクロからHighlightColorIndexが色指定と検討を付けてそれを調べてみるとhttp://msdn.microsoft.com/en-us/library/office/aa172829(v=office.11).aspx によると

wdByAuthor
wdAuto
wdNoHighlight
wdBlack
wdBlue
wdBrightGreen
wdDarkBlue
wdDarkRed
wdDarkYellow
wdGray25
wdGray50
wdGreen
wdPink
wdRed
wdTeal
wdTurquoise
wdViolet
wdWhite
wdYellow

の19種類があるようですが初めの3つはうまくいきませんでした。これ以外の色は設定できないと思います(推測です)。初めの15色以外は白(wdWhite)が残りましたこれはVBAで設定できました。

keikopen_2また、蛍光ペンは検索の対象となります(塗りつぶしはなりません)。ホームタブの編集の検索の隣の▼(三角)をクリックし高度な検索をクリックします。

kensaku

検索タブの左下の書式から蛍光ペンを選択します。

kensaku_1

蛍光ペンの場所だけならば検索する文字列は空白でも構いません。

さらに、蛍光ペンの表示非表示が可能です。ファイルタブをクリックし一番左下のオプションをクリックします。

keikopen_3

蛍光ペンを表示するのチェックを外すと蛍光ペンは表示されません。印刷もされません。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です