スポンサーリンク

箇条書き1

段落の左に記号を付けて箇条書きにします。(画像はword2013)

list_0

段落に対して箇条書きを設定します。

word2007,word2010,word2013

箇条書きを設定したい段落を選択します。ホームタブの段落の箇条書きのボタンをクリックします。(画像はword2013)

list1_1

上の画像の赤丸が箇条書きです。普通にクリックだと●黒丸が付きますので箇条書きの記号を変更したい場合は箇条書き(段落番号)の右の▼三角をクリックし選択することができます。

list_1

箇 条書きをやめたい場合は箇条書き(段落番号)を範囲選択後、再度箇条書きボタンをクリックします。または▼三角から『なし』を選択 します。また、一度、箇条書きを設定したものを段落番号に変更する場合は箇条書きを範囲選択し段落番号のボタンをクリックすると直接変更できます。いちい ち、箇条書きをなしにしてから段落番号を設定する必要がありません。逆の段落番号を箇条書きにするのも同じです。

箇条書きの▼三角をクリックしたとき表示されるメニューの一番下の新しい行頭文字の定義をクリックすると様々なものを行頭記号として設定できます。

list_2

左上にある記号をクリックすると下のような記号と特殊文字のダイアログボックスが表示されるので好きな文字をクリックして選択し、OKボタンをクリックします。

list_3

また、新しい行頭文字の定義に戻ってくるのでOKボタンをクリックします。

list1_2

文字ではなく、画像にしたい場合は新しい行頭文字の定義で上の真ん中の図をクリックします。word2013の場合はどこに図画保存されているかを聞いてきます。

list_5

パソコンの中にある場合はファイルからをクリックしてください。エクスプローラが立ち上がるので画像を選んでください。

list_6

画像が縮小されますので文字を大きくしてみました。

word2007,word2010

ワー ド2007、ワード2010は、新しい行頭文字の定義のダイアログボックスで『図』をクリックしたときに以下のようなダイアログボックスが表示されます。 ここにいろいろな行頭文字があるので選択だきますし、検索文字列のボックスに文字を入れて検索ボタンをクリックするとクリップアートから検索した結果を返 します。(画像はword2010)

list2010

インポートのボタンをクリックするとエクスプローラーが表示されますので任意の画像を行頭記号として使用できます。

word2000,word2003

ワード2000、ワード2003は書式のツールバーに段落番号と箇条書きのボタンがあります。

list2003_0

ワード2000、ワード2003にはボタンの右に▼三角がないので行頭記号を変更したい場合は、メニューバーの書式をクリックし箇条書きと段落番号をクリックします。

list2003

word2003

ワード2003は箇条書きと段落番号というダイアログボックスが表示されます。この中から行頭文字を変更することが可能です。

list2003_1

右下の変更ボタンをクリックすると箇条書きと書式設定のダイアログボックスが表示されますので以下はワード2010と同じ手順になります。

list2003_2

word2000

ワード2000ではメニューバーの書式をクリックし箇条書きと段落番号をクリックしたときに表示される箇条書きと段落番号のダイアログボックスがワード2003と少しだけ違います。

list2000

右下に『図』と『変更』の2つのボタンがあります。右の変更のボタンをクリックするとほかの行頭文字が選択できる箇条書きの書式設定のダイアログボックスが表示されます。

list2000_1

行頭文字のボタンをクリックすると記号と特殊文字を選択することができます。箇条書きと段落番号のダイアログボックスで『変更』ではなく『図』をクリックすると行頭絵文字のダイアログボックスが表示されますクリップのインポートで任意の画像を行頭記号に設定できます。

list2000_2

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です