スポンサーリンク

フラッシュフィル

Excel2013の新機能としてフラッシュフィルがあります。

作業内容を検出し、作業パターンを推測しフラッシュ フィルが残りのデータを自動的に入力してくれます。

以下のように姓と名を別のセルに保存してあるものをまとめて氏名の列に転記する作業をするとします。今まででしたらC2のセルに=A1&B1としたり姓と名の間にスペースがほしいときは=A1&” “&B1などのように数式を入力しコピーしてたと思います。

flashfill

C3のセルには姓と名が一緒になったものが表示されますがあくまでも数式の計算結果なので文字として検索してもヒットしません。そこで再度C列をコピーして形式を選択して貼り付けから値で上書きするなどしていたと思います。

エクセル2013のフラッシュフィルを使えばその手間が大幅に削減できます。

flashfill_1まず、C2 のセルは手作業で姓と名を入力します。(この時スペースを含めると以降すべてスペース月になります。)次にC3のセルも手入力をすると途中でC1の入力と同じルールで入力の補完をしてくれます。同時に下のセルにも同じルールを適用したものが薄く表示されます。

そのままEnterを一度叩いてC3のセルの補完を確定させます。再度Enterキーを叩くと以下のセルに薄く表示されている値が入力されます。

入力結果は数式ではなく文字です。残念ながら手入力したC2のセル以外はフリガナは付きませんでした。

flashfill_2

エクセル2013でフラッシュフィルが効かない場合はファイルタブをクリックしオプションをクリックしexcelのオプションの詳細設定の編集設定でフラッシュフィルを自動的に行うにチェックが入っているか確認してください。

flashfill_3

セルの値を結合するだけでなく、メールアドレスから@アットマークより左だけ抜き出したり、ハイフンなしの郵便番号を3桁ハイフン4桁にするなどいろいろ使えます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です