スポンサーリンク

エクセルの幅の広い表をワードに貼る

エクセルで処理したものをワードに貼り付けたい時がありますね。

普通にエクセルの表をコピーしてワードに貼り付けるとワードでも表として表示されます。ただ、エクセルの表の幅が広いと途中で切れてしまうことがあります。

nagaihyou

これくらいの幅の表でもA4縦の初期設定のワードに貼り付けると

nagaihyou_1

のようになり郵便番号の列や電話番号の列が表示されず編集もできまません。

このような場合はワードに貼り付けるときに形式を選択して保存でテキストを選択します。ファイルタブの貼り付けの下の三角▼をクリックし形式を選択して保存をクリック。

nagaihyou_2

形式を選択して貼り付けのダイアログボックスが表示されるのでテキストを選択してOKをクリック。

nagaihyou_3

表形式ではなくセルの値が普通の文字として張り付きます。セルとセルの区切りはタブキーを叩いたのと同じことになります。下の図のようにタブ区切りになります。

nagaihyou_4

このままでは表になりませんので挿入された表の値をすべて選択し表に変換します。まず挿入された文字をすべて選択し、挿入タブの表の表の下の三角▼をクリックします。次に文字列を表にするをクリックします。

nagaihyou_5

文字列を表にするのダイアログボックスが表示されるので文字列の区切りがタブになっていることを確認します。OKボタンをクリックします。

nagaihyou_6

タブ区切りがなくなって罫線で囲まれて表になりました。nagaihyou_7

あとは適当に見栄えを整えればエクセルの幅の広い表をワードに貼り付けることが完成しました。

nagaihyou_8

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です