カテゴリー別アーカイブ: マイクロソフトワード

配色 カラーパレットの秘密

タイトルはちょっと盛りすぎですがワードやエクセルで文字色や背景色を変更する際の色見本の使い方です。

ワードで見出し(スタイル)の設定 にも少し書きましたがワード(エクセルにもあります)にはテーマというものがあり初期設定はofficeが設定されています。その状態で文字色や、背景色、図形の塗りつぶし、背景色などカラーパレット(ワードの用語ではないと思います)に表示される色はテーマ(配色)によって決まっています。

フォントの色
塗りつぶし
図形の塗りつぶし

上図3つはワードのカラーパレット(正式名称ではないと思いますが)です。よく見ていただくと微妙な違いに気づくかと思われます。フォントの色の場合は左上に自動というのがあり、塗りつぶしの色の場合は自動がありません。図形の塗りつぶしには下の方に図、グラデーション、テクスチャという項目があります。

テーマの色と標準の色に分かれている

ワードで普通に文字入力すれば黒で表示されていますが、実際は自動が選択されています。自動イコール黒なのですが文字の背景色(塗りつぶし)が濃い色に設定されてしまうと黒の文字は読みにくくなってしまします。この時自動に設定されていれば文字色は自動で白になって読みやすくなります。しかし自動以外の色を選択しているとその色は自動で変更されずに読みにくくなってしまうかもしれません

テキストの色を黒、塗りつぶしの色も黒

上図は上2行はテキストの色が自動で下2行は黒(カラーパレットのテーマの文字のすぐ下の黒を選択)です。2行目と4行目は塗りつぶしを黒にしています。2行目はテキストの色が自動なので塗りつぶしが黒になったら自動で文字の色が白になって読みやすくなっていますが、4行目は自分でテキストの色を黒のしたので黒のままで文字が読めなくなってしまっています。通常時はテキストの色は自動でも黒でも変わりませんが、塗りつぶしの色によって自動で白になってくれるかどうかが違います。

テーマの色には10個色が設定されておりその10色について明度の差によって5段階に分かれています。

テーマの色には色名以外に名前がある

上図はテーマの色から青を選択した状態ですがポップアップには「青、アクセント1」と表示されています。これは今のテーマでは青で表示しますがアクセント1を選択しました、という意味です、配色(テーマ)を変更すると 配色(テーマ) によってはアクセント1は青ではないかもしれないということです。

このカラーパレット上にはすべて名前が設定されていて自動、背景1、テキスト1、背景2、テキスト2、アクセント1、アクセント2、アクセント3、アクセント4、アクセント5、アクセント6となっています。

また標準の色には色の名前だけで後ろには何もついていません。

一番左の列のテキストの色はその他の色をクリックして黒を選択しています。2列目のテキストはそれぞれの文字が表す色をカラーパレットから選択しています。3列目は分かりやすいようにセルを左の列のテキストが表す色に塗りつぶしています。この状態でデザインタブの配色からoffice以外の配色(青Ⅱ)を選択してみます。

結構色が変わりましたね。青Ⅱというだけあって全体的に青系統の色ばかりです。アクセント1も青系ですが少し変わりましたね。と言う事でカラーパレットのテーマの色はテーマ(配色)によって自動で色が変わるということです。左の列の文字色は変更されていませんので標準の色(その他の色)は テーマ(配色)が変更されても色は変わりません。

ワードに初めからあるテーマ(配色)では背景1とテキスト1はいずれも白と黒なので何を選んでもの変更されませんが、 テーマ(配色) を自分で作成することができますのでその場合は自由な色に設定することが可能です。

と言う事で、自分では青を選択しているつもりがアクセント1というものを選択しており、 テーマ(配色) によってはそれが全く違う色になる可能性があるということでした。

テーマ(配色) を変更しても色が自動で変わってほしくない場合は標準の色(その他の色)から選択しましょう。

ワードで見出し(スタイル)の設定

ワードには見出しという機能があります。見た目だけだと文字サイズを変更したり、書体を変更したりすることで強調することができますが、見出しは意味合い的にこれとは少し違うものになります。

ホームページ作成におけるH要素(h1からh6)のようなイメージですね。この例えの方が分かりづらいですか。見出しなので以下に続く文章のタイトルという役割ですね。

文字サイズや書体、色などを変更しても見出しとして設定されていなければワードは通常の段落(標準)ととらえています。見出しとして設定しておくことでテーマ(スタイルを含む)や、目次、アウトライン表示などで便利に使えます。

文章作成後(作成中でも)見出しに設定したい段落を選択します。(カーソルがあるだけでよい)

通常の段落は標準

1行目のマイクロソフトオフィススーツという段落はスタイルが標準になっています。見出し1に設定したいのでスタイルの見出し1をクリックします。

見出し1が設定された

同様の手順で見出し2も設定していきます。それぞれのマイクロソフトオフィス製品の製品名の段落を選択し見出し2をクリックします。

それぞれの段落に見出し2を設定

見るからに見出し1の方が文字サイズが大きのでご理解いたけると思いますが、見出し1が見出しの最上位で以下見出し2、見出し3と下位の見出しとなります。

見出し3までとほかのスタイルも表示されている

その他を表示してみましたが見出し3まであります。実際は見出し9(アウトラインがレベル9まであります。)まであるようですが見出し3以下はあまり使用しないかもしれません。

見出し9まで表示する方法をご説明します。ホームタブのスタイルの右下の矢印をクリックします。スタイルが表示されますので右下のオプションをクリックします。スタイルウィンドウオプションが開きますので表示するスタイルの右の矢印をクリックしすべてのスタイルを選択しOKボタンをクリックします。

見出し9まで

すべてのスタイルが表示されるようになりスタイルには見出し1から見出し9まで表示されています。やはりあまり使わないとは思いますが。

見出し1や見出し2を設定すると何やら勝手に文字サイズや行間などが変更されてしまいます。これはその文書(ファイル)に設定されているテーマの初期値のスタイルセットが反映されているからです。

デフォルトはoffice

白紙の文章を作成した時点でデフォルト(初期値)のテーマがofficeに設定されています(クリックして選択しています)。選択されているテーマのドキュメントの書式設定(スタイルセット)を変更することで簡単に見栄えを変更することができます。

影付きを適用

これらは主に見出しに対して大きく影響しますが図形や表のスタイルなども影響を受けたりします

ドキュメントの書式設定とは別に、見出し(スタイル)ごとに独自のスタイルを設定することが可能です。

(変更したい見出しの段落をクリックし、)ホームタブのスタイルから変更したい見出し(スタイル)を右クリックします。メニューが表示されますので変更をクリックします

オリジナルのスタイル

スタイルの変更のダイアログボックスが表示されます。プレビューの下に設定されているスタイルが表示されています。

プレビューと設定が分かる

左下の書式をクリックし設定したい書式を選択していきます。 今回は、線種と罫線と網掛けの設定から段落の下に罫線を引く設定をしました。

左下の書式から設定する

OKボタンをクリックすると該当するすべての見出しの書式が変更されています。

同じ見出しすべてに反映

スタイル設定後に該当する見出しに設定した段落も同じ書式に変更されますので編集作業で新たに見出しにした段落も同じ書式になります。

同じレベルの見出しはすべて同じ書式になりますし、スタイルを変更すればすべての見出しの書式が変更されますので統一された美しい見栄えが実現できます。

封筒印刷

ワードで作成した文章を印刷できれば特に真新しい事ではありませんが封筒にも印刷できるということをあらためて確認してください。

印刷会社さんに1000枚単位で自社封筒の印刷を頼んでしまったために住所や電話番号を変更したのに古い封筒を訂正して使っているとか、廃棄してしまったとかよく聞く話ですね。

必要な時に必要な数だけ封筒に自社のロゴや住所を封筒に印刷すれば無駄がなくていいですよね

数は私が実際に使っている封筒の印刷をアレンジしたものです。A3用紙をよく使いますので長形3号 (120×235mm)が便利です。A4用紙縦3つ折りにして入ります。もちろん定型郵便になります。

用紙設定の方法はワードで年賀状作成(文面)にもありますが(ページ)レイアウトタブの用紙設定のサイズをクリックし選択しますが長3封筒相当のサイズがないかもしれませんので、その他の用紙サイズをクリックします。

用紙設定 その他の用紙サイズ

ページ設定の用紙のタブの幅と高さにそれぞれ数値を入力します。

郵便番号や住所、宛名などすべてテキストボックスを利用しています。自由な位置に配置できますので便利です。枠線と塗りつぶしは共になしにしています。請求書在中(四角形:角を丸くするという図形)や差出人はテキストボックスの枠線を変更しています。

印刷の設定で長3相当の用紙を設定するのがポイントです。封筒購入時のパッケージにサイズ(120×235mm)が書いてあると思います。あとは印刷のトレイの枠を調整するか、手差しトレイをうまく設定してください。その他のサイズの封筒も同じ要領で封筒のサイズを手入力していただければ対応できます。

印刷会社さんには悪いですがこれで必要な時に必要な枚数封筒印刷ができます。

ワードの印刷設定

おそらく、ワードはパソコンでお使いのことが多いと思います。ワードで作成したファイルを印刷する場合、プリンターの設定が必要ですが、すでにプリンターとつながっている前提で、ワードの印刷について簡単にご説明します。

印刷設定を変更しないでいきなり印刷する方法としてはファイルを右クリックして印刷をクリックする方法もあります。

ワードファイルを直接印刷

通常は、印刷したいファイルが開かれた状態でファイルタブをクリックします。

ワードのファイルタブ

印刷をクリックします。

ファイルタブをクリックしたところ

印刷画面に切り替わります。この画面の右半分がプレビュー画面になります。プレビューに表示されたように印刷されます。たまにプレビュー通りにならないこともあります。試し印刷が必要です。

印刷画面

一般的によく触る設定は部数のところです。同じものが何枚必要かで部数を変更してください。右にあるスピンボタン(上下の三角のボタン)で枚数を指定します。または、直接数値を入力しても構いません。

設定の下のすべてのページを印刷ですが印刷するときにすべてのページを印刷する必要がない場合などは下のページというところにページ番号(実際のページ表紙から1と数えていく)を入力します。

3ページ目と4から6ページ目と9ページ目が必要な場合は
3,4-6,9
の様に入力します。ページはカンマ区切り連続するページはハイフンでつなげます。

上図はカレンダーをワードで作成しましたので12ページあります。一度全部印刷しておいてうまくいかなかったページのみ印刷するときなど便利です。

途中の1ページだけ印刷したい場合は、プレビュー下の次のページをクリックし印刷したいページを表示し内容を確認してから設定から現在のページを印刷で1ページだけ印刷することも可能です。

現在のページを印刷

他にもたくさん設定がありますが通常この辺りの設定だけで事足りると思います。また、年賀状の様に同じものをたくさん印刷する場合、インクの残量に気を付けてください。私が使っているプリンターはインク切れになると印刷は止まりますが、それ以前に少し印刷が薄くなった状態で思った色が出ていない場合では印刷は止まりません。少し面倒ですがインクの量が不安な場合は10枚から20枚ずつ印刷するのが良いかもしれません。

編集記号の表示/非表示

スペースキーを叩くと1文字分の白い四角 スペースが表示されることがあります。これ以外にもタブを叩いてたり改ページをしたりしても何かの記号が表示されることがあります。

編集記号の表示/非表示でこれらを見えるようにするか隠すかを変更できます。ホームタブの段落に編集記号の表示/非表示というボタンがあります。これをクリックすることでこれらの記号の表示非表示を変更できます。

編集記号の表示/非表示

これらの編集記号は印刷されませんので編集時に必要かどうかで切り替えてください。

ただしこの編集記号の表示/非表示では切り替えられないものもあります。ファイルタブのオプションをクリックしWordのオプションを開きます。

表示をクリックします。

常に画面に表示する記号のチェックボックスでチェックの入っているものはこの編集記号の表示/非表示のボタンでは非表示にすることができません。すべての編集記号を表示するのチェックのオンオフを編集記号の表示/非表示でコントロールしています。上図の場合は編集記号の表示/非表示からでは段落記号とアンカー記号は表示非表示の切り替えができないということです。

いずれにしてもこれらの編集記号は印刷されませんので(隠し文字は印刷する設定が可能)ワード作成時や編集時に随時切り替えてください。

単語をハイフンで強制改行 ハイフネーション

ワードで文章作成中英単語を挿入する場合があるかもしれません。そういった場合に強制的に開業する方法をご紹介します。ただし、おかしなことになる場合が多いと思われますのでご利用は計画的にお願いします。

スマートフォンにはiPhoneとAndroidがあります。

というような表記が必要かもしれません。日本語は単語の途中が行末にに来てもそこで区切って問題ないですが、英単語や諸外国の言語は勝手なところで改行してはいけないそうです。

ワードは英単語が1行内に収まらない場合は自動で改行して両端揃えを実行します。

行末に英単語が来た下段の方は上段と比べてまだ全角 2文字分あるのに英単語の途中で改行するとまずので、iPhoneという単語を次の行に送り1行目の文字間隔を全体的に広めにとって両端揃えを行っています。

これで全然かまいませんが、気になる人は気になります。今回行末に来たの英単語の文字数がそう多くないので無視してもいい感じですが、文字数の多い英単語が次の行に送られるとちょっと気になるかもしれません。

結構な文字数分違ってきています。

internationalという単語はin・ter・na・tion・alという音節らしいのでinterとnationalで強制提起に改行しようと思います。ここが間違っている可能性大です。こんなところで切ってはだめです。という声が聞こえてきそうです。この辺りは英語が堪能な方のみ実施していただきたいです。

internationalのinterとnationalの間にカーソルを立ててCtrl と『-』を同時に叩きます。するとハイフンが自動で挿入されそこで折り返されます。

単語を選択してレイアウトタブのページ設定のハイフネーションの任意指定からも可能ですが再度自分で改行位置を選択するのが少し面倒です。

上図の場合はinternaとtionalで切れてしまいます。ハイフンの場所をクリックして改行位置を指定します。

どちらを使用しても単語が行末に来ないと改行されませんのであとで文章が変わった時も変なところで改行されることはありません。

くれぐれもおかしなところで改行されないようお願いします。

ワードの貼り付けのオプションが邪魔

ワードにエクセルやネットからデータを張り付けた時、表を解除したい時や書式をクリアしたい時には貼り付けのオプションは便利ですが、通常の貼り付けの際も貼り付けのオプションが表示されます。

下向き三角▼をクリックするとメニューが表示され貼り付け方法を選択出来ます。張り付けたものが画像かテキストかまたは、表かなどで表示されるメニューは違います。

通常次の操作を開始すると貼り付けのオプションは自動で消えてくれますが貼り付けの動作が最後だと結構邪魔な気がします。貼り付けのオプションを消したいことがあるかもしれません。

オプションの詳細設定から貼り付けのオプションを非表示にすることもできますが必要な時にも表示されなくなってしまいます。

貼り付けのオプションが表示されて次の操作もなく貼り付けのオプションが邪魔な場合はズバリEscキーを叩いてください。貼り付けのオプションが消えます。

簡単でした。

クリックアンドタイプ

クリックアンドタイプという機能は、ダブルクリックで任意の場所にカーソルを出現させて文字入力等をすることができます。現在の文末から10行ほど下から文章を打ち始めたい場合など10回エンターキーを叩かなくてもダブルクリックで代用できます。

ダブルクリックする場所により

  1. 1行目インデントが効いた(1時字下げ)状態
  2. 左揃え(両端揃え)
  3. 中央揃え
  4. 右揃え

の4つの状態のどれかが選択されます。どの状態が選択されるかはカーソルの形状で判断できます。

通常のアイビームの時は両端揃えです

字下げもされず、通常の位置から始まります。

1の1行目インデントが効いた状態の場合のカーソルは

 

 

上図のような形状です。この状態でダブルクリックすると

上図の様に1行目インデントが設定された位置にカーソルが表示されます。

2の左揃え(両端揃え)が効いた状態の場合のカーソルは

のような形状です。アイビームの右に左揃えのボタンのような図柄がついていますが、両端揃えになります。

通常のアイビームのカーソルの時と違うのは両端揃えですが左端から始まらないので任意のタブが設定されます。タブ1の任意のタブ位置を参照してください。

上図の様にダブルクリックした位置にカーソルが表示されタブが一つ挿入されタブの文字数が任意の(ダブルクリクックした)位置に設定されます。

3の中央揃えが効いた状態の場合のカーソルは

のような形状です。中央揃えは左右中央に文字列の中央が合うようになります。左揃え、中央揃え、右揃え、両端揃えも参照してい見てください。

4の右揃えが効いた状態の場合のカーソルは

のような形状です。右端そろえの状態になります。

 

個人的には行頭あたりでマウスポインタが通常のアイビームの状態でダブルクリックして両端揃えの1行目インデントが効いていない状態で任意の場所にカーソルを作って文字入力後改めて中央揃えや右揃えを利かすの良いような気がします。

ただしいくつかの条件でクリックアンドタイプが使用できないことがあります。改ページされている場合や下書き、アウトライン表示の時、段組みなどです。

また、クリックアンドタイプは任意の場所にカーソルを持ってこられますが、何も入力しないと自動で入力された改行記号は消えてしまいます。

改ページ

文章がページの一番下まで来なくても新しいページを追加することが可能です。

文章作成中でもレイアウト中でもページを新しくしたいところにカーソルを持ってきます。

挿入タブのページのページの区切りをクリックします。カーソルの手前で現在のページが終了しカーソルの右側から新しいページが始まります。

うまくページごとに収めたい場合に文章量を計るのに便利です。

改ページされた側は変なところに改行の記号が表示されています。

ホームタブの編集記号の表示/非表示で編集記号を表示すると改ページを表す編集記号が表示されます。

どうも改ページは改ページ自体と改行が組み合わさっているようで改ページを削除しても改行が残ってしまうようです。

段落の頭から改ページした場合(上図)は改ページに左にカーソルを立ててDELETEキーを1度叩くと改ページはなくなりますが改行が残ってしまいます。

DELETEを1度した直後

更に面倒なのは段落の最後で改ページ、段落の途中で改ページをした場合です。カーソル位置で改行されてから改ページ、改行となるようです。文章作成中は当たり前で何の不都合もありません。ただ、改ページを削除し改ページ挿入以前の状態に戻すときはDELETEを3回行わないといけません。

たまにではありますが改ページがちょうどページ末の行に来た場合次のページが改ページだけの白紙のページになってしまうことがあります。

このような場合はどこかの改行が不要ですので改ページの左にカーソルを立ててBackSpaseなどでうまく調整してください。

深く考えても仕方ありませんので改ページ後に何らかの理由で元の状態に戻す必要のある場合は見た目でDELETE(BackSpase)キーを叩く数を調整してください。

改ページをよく使用する場合はCtrlキー+Enterキーがショートカットになっていますので便利です。

文字コード

ワードで文字コード入力や文字コードを調べたりすることができます。

出来るというだけで使うことはないと思いますが。例えば下の図は編集記号の表示/非表示でスペースを表示しています。

ワードの白い四角 スペースにありますようにスペースは白四角で表示されますが点で表示されたり丸で表示されたりしています。

これらはみんなスペースです。一番下の白四角は普通のスペースです。下らから2つ目は半角のスペースです。ふつうのスペースのほぼ半分の大きさです。ふつうのスペースは半角スペースに対して全角スペースと呼ばれたりします。

半角スペースは日本語入力オフでスペースキーを叩いたときに入力されます。または日本語入力オンの時にShiftキーを押したままスペースキーを叩きます。

一番上の丸はノーブレークスペースというものです。Webページからテキストをコピーしたときなどに一緒にコピーされてくる場合があります。HTMLでの というやつです。Ctrlキー+Shiftキー+スペースキーで入力可能です。

スペースの説明になってしまいました。

スペースに限らず文字を範囲選択し右クリックし表示されたメニューから記号と特殊文字をクリックします。

そうすると選択された文字の情報が表示されます。

No-Break-Spaceという名前で文字コードは00A0でコード体系はUnicode16進(UTF16)でCtrlキー+Shiftキー+Spaceで入力できることがわかります。

ショートカットが割り当てられていますが文字コードで入力することも可能です。やっぱりあまり使いませんけど。

00A0と文字入力します。日本語入力オンの場合は00あ0の様に全角で表示されているかもしれません。

構わずF5(ファンクションキー)キーを叩きます。

文字コードに該当する文字に変換されました。

絶対に使いませんね。