スポンサーリンク

エクセルのエラー表示

数式を入力した後や、データを入力した後にエラーメッセージが表示されることがあります。エラーメッセージにはそれぞれ意味がありますので意味を理解しておけば修正作業も簡単にになると思われます。

#####

セルの幅より長い桁数の数値が入力されている場合や、日付や時刻で負の数値が入力されている場合に表示されます。文字がセルの幅より広い場合はセルの幅の分の文字が表示されエラーは発生しません。

セルの幅が不足しているので#####が発生している列見出しと隣の列の列見出しの間でダブルクリックし列の幅を最適化します。この状態でなお、#####が表示されている場合は日付や時刻で負の数値が入力されていると思われるので値と表示形式をよく確認しましょう。

#DIV/0!

数式で0による割り算が行われた場合。セル参照先が空白やゼロになっていないか確認する

#VALUE!

引数やオペランドの種類が正しくない場合に表示されます。概ね、数式が正しくない場合に表示されます。

引数が正しくない場合の例として
=IF(“a”,”正しい”,”正しくない”)
のように本来、論理式を入れるべきところに文字列を入れてしまった場合など。

#REF!

参照先のセルがない場合などに表示されます。数式をコピーしたり、列や行を削除した場合などに多いようです。
1つ上のセルの値を参照する式を1行目にコピーするとか、左隣の列の値を参照しているのに列を削除してしまい、数式自体が左に積めらた場合などです。

#N/A

数式で参照の対象が見つからないことを示しています。よくあるのがVLOOKUP関数などで参照する値が参照先にない場合に表示されます。

#NUM!

数式または関数の数値がおかしい場合に表示されます。SQRT関数はルート算出してくれますが、マイナス値はダメなようで#NUM!のエラーが表示されます。
=SQRT(-4)

#NULL!

交差演算式に指定された2つのセル範囲に交差部分がない場合などに表示されます。参照演算子の3つ目の項目参照してください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です