スポンサーリンク

文末脚注

マイクロソフトワードでは、脚注と文末脚注の2種類がありますが、表示される場所が違います。

脚注は各ページの下に表示されます。

文末脚注はワードファイルの最終行の下に表示されます。図(オートシェイプ)や文字列の折り返しで行内以外を設定された画像やグラフなどは文末脚注の下に移動できます。

脚注と文末脚注の使用法はボタンが違うだけで同じです。

文末脚注を設定したい単語または、文章の後ろにカーソルを移動させます。参考資料タブの脚注の文末脚注の挿入をクリックします。

文末に脚注の記号が表示されますので注釈を入力してください。

文末脚注は挿入したページの下ではなく最終ページの文章が終了した後ろにつきます。上の図の様に最後のページが空白行を含めて4行しかない場合は5行目のあたりに文末脚注が表示されます。

脚注と文末脚注の使用法はボタンが違うだけなので設定も共通です。参考資料タブの脚注の右下の右下を指している矢印の部分をクリックすると脚注と文末脚注のダイアログボックスが表示されます。書式の番号書式で算用数字やアルファベットローマ数字や漢数字など選択できます。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です