スポンサーリンク

ウィンドウの整列

ウィンドウが一つしか開いていなければ全画面で操作するのが便利だと思いますが、複数同時に作業したい時など任意の位置に、適切な大きさで表示したい場合があると思います。

ウィンドウを表示したときタイトルバーの右に最小化ボタン最大化ボタン(元のサイズに戻す)閉じるボタンと3つ並んでいますね。

元のサイズ(全画面ではない)で表示して、タスクバーでドラッグして移動し、ウィンドウの隅でドラッグしてウィンドウサイズを変更します。

Windows7からwindowskeyウィンドウズキー+arrow矢印キーでウィンドウサイズの操作ができるようになりました。

アクティブなウィンドウが

windowskeyウィンドウズキー+downで元のサイズに戻すになります。

windowskeyウィンドウズキー+upで最大化されます。

また、ワードとエクセルを開いてコピーペーストしたり、フォルダ間でファイルのコピーや移動をしたりする時、ウィンドウを左右に並べて作業をすることがあると思います。このような時もウィンドウキー+矢印キーで簡単に整列させることが出来ます。

windowこのような時はアクティブなウィンドウが

windowskeyウィンドウズキー+right でウィンドウがデスクトップの半分の幅で右に

windowskeyウィンドウズキー+left でウィンドウがデスクトップの半分の幅で左に

移動します。

別の方法としてはタイトルバーをドラッグしデスクトップの上端までドラッグすると最大化。最大化されたウィンドウのタイトルバーを下にドラッグすると元のサイズに戻す。右端または左端(マウスポインターが端に来る)までドラッグすると左右でデスクトップの半分のサイズになります。

タスクバーの右クリックによる「ウィンドウを左右に並べて表示」は最小化されていないウィンドウすべてが対象になっていますので上記の方法が便利だと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です