スポンサーリンク

色々な物の非表示

だからどうだということは全くありませんが、エクセルではいろいろなものを非表示にすることが可能です。

上の画像はエクセルです。一瞬何かわからないかもしれません。

  • リボンを非表示
  • 数式バーを非表示
  • 行見出し列見出しを非表示
  • 行と列を非表示
  • スクロールバーの非表示
  • 罫線を非表示
  • シート見出しを非表示

にしてあります。

 

リボンの非表示と数式バーの非表示はエクセルに対する設定ですので他のファイルに対しても有効です。(別の環境のエクセルでは非表示にしていないとなりません)

それ以外はファイル対する設定になります。

不要な行と列の非表示は5行5列のシートを作成を参照してください。Ctrlキー + Shiftキー + 下矢印キー (列の時は右矢印)がポイントです。

更にリボンを非表示にするを参照していただければリボン非表示にできます。ただし、これら以外の非表示はファイルタブのオプションから操作しますのでリボンの非表示は最後にしてください。

ファイルタブをクリックしオプションをクリックします。詳細設定をクリックします。

表示の下に数式バーを表示するがあるのチェックを外します。

次のブックで作業するときの表示設定の水平スクロールバーを表示する、垂直スクロールバーを表示する、シート見出しを表示するのチェックを外します。

次のシートで作業するときの表示設定で行列番号を表示する、枠線を表示するのチェックを外します。

OKボタンをクリックします。

以上で上のようないろいろなものを非表示にしたエクセルが完成です。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です