スポンサーリンク

棒グラフ 途中を波線で省略

棒グラフで1系列のみ値が大きい場合、特定の項目だけ値が大きい場合、途中を波線で区切った棒グラフを作りたい場合があります。エクセル自体にはそのような棒グラフを作る機能はないようです。

いつごろからか、元の表を工夫してメモリを表示形式を利用してずらす方法がネットで散見されるようになりました。私も知らなかったので試してみましたが、よく考えられています。

http://www.tschoolbank.com/excel/graph/omit-bar/
http://www.officepro.jp/excelgraph/bar_graph/index5.html
http://knowledgecreat.blog.fc2.com/blog-entry-37.html?sp
などがあります。

残念ながら、元の表を作り直す必要があるのと、データが変わったときにグラフのメモリが合わない可能性があるのでここでは、昔ながらのグラフの2枚重ねで対応してみます。

まず普通に棒グラフを作ります。東京本店が桁違いなのでほかの支店がよくわかりません。グラフの途中を省略したグラフを作ってみます。

もう一つ同じグラフを1から作成するか、今あるグラフをコピーします。

2つのグラフをそれぞれの値が分かるように軸の最大値と最小値を変更します。1つのグラフは少ない方に合わせて最大値を120000に設定します。もう一つは多き数値に合わせて最小値を300000に変更します。

あとは二つのグラフを重ねて見栄えを整えたら出来上がりです。

上のグラフの凡例と横軸を非表示にしプロットエリアをドラッグして下に移動します。

図形から小波をいくつか並べて出来上がりです。

あとは出来上がりを見ながら見栄えを調整してみてください。

上のグラフ全体を縦方向に縮めました。波線を少し細くしました。それぞれのグラフの外側の枠線を消しました。代わりに四角の図形を最背面に持ってきました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です