スポンサーリンク

😊絵文字で文章を豊かに表現する

一昔前まではWebページでは文字化け💀の温床といわれていた半角カタカナなどもUNICODEをうまく利用して使えるようなってきました👌。

マイクロソフトワードではとっくに利用できていましたのでちょっと文章作成してみました。

無理やり絵文字を挿入している感もありありですが。使い方は一点しんにょう、2点しんにょうでも取り上げている方法です。

顔文字を入れたいところをクリックしてカーソルを作ります。

タスクバーのIME(ひらがなのあ)を右クリックしてIMEパッドをクリックします。

IMEパッドが開きますので左の文字一覧のアイコンをクリックします。

Unicodeの追加多言語面をクリックし下の方の顔文字をクリックします。たくさん顔文字が出てきました。

使いたい顔文字の上でクリックします。顔文字がワードの挿入されます。エンターキーで確定します。

以上。。。

これらは画像ではなく、文字になっています。書体によってはうまく表現できないかもしれません。またIMEパッドに表示されている絵とは違うものになっている場合がほとんどです。カラーで表示されますし、デザインもかなり違います。

また、通常の文字変換でも絵文字として返還される場合もあります。

ワードの初期設定では文字サイズが10.5ptになっていますがそれでは顔文字が分かりずらいので上記の例では11ptに上げています。(画像ではないので大きくしてもそれなりに見えます。)

注意点としましては、顔文字を選択するのにとても時間がかかるので非常に効率の悪い文章作成となりますのでご利用は計画的にお願いします。

http://netkansai.com/contents/index.php?id=33

にあります顔文字一覧はワードでの表示とあっているようなので絵文字部分をコピペすると早いかもしれません。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です