スポンサーリンク

MSIMEとWindows

IMEのバージョンとWindows のバージョンとMicrosoftOfficeのバージョン

Windows10のアップグレードもあり、Office2016も発売され、マイクロソフト界隈も落ち着いてきたようです。個人的にはウィンドウズモバイル(WindowsPhoneのWindows10に当たるもの)を早く何とかしてほしいものです。(現状とんでもなく不便です。)

Office2013の時点でIMEが同梱されなくなっていたのですが、Office2016はどうなっているのかインストールするまで私は知らなかったのですが、どうやらオフィス2016にもIMEは同梱されていないようです。

ウィンドウズ7にはMicrosoft IME(製品バージョン10.01)がインストールされており、そこにoffice2010をインストールすると製品バージョンが14.0と高いバージョンのOffice IME 2010がインストールされます。

office2010より新しいoffice2013とoffice2016にはIMEが同梱されていません。Windows7にいきなりこれらをインストールするとoffice2010のOffice IME 2010よりバージョンの低いMicrosoft IME(製品バージョン10.01)のままという残念な状態になります。

ウィンドウズ8にはMicrosoft IME 2012(製品バージョン15.0)がインストールされていますので、office2010、office2013、office2016どれをインストールしてもMicrosoft IME 2012が利用できます。

windows8.1でのMS-IMEのバージョン確認
ツールバーの上で右クリックでバージョン情報をクリック

ime ime_1

では、windows10ではどうでしょうか。

win10_ime

ウィンドウズ10のMS-IMEの上で右クリックをしてもバージョン情報が出てきません。Webをいろいろと探したのですが情報が少なくわかりませんでした。

Microsoft IMEの詳細設定のユーザー辞書の保存場所にIMEフォルダの15.0フォルダとあるのでおそらくMicrosoft IME 2012(製品バージョン15.0)だと思います。ウィンドウズ8の時と同じものだと思います。

win10_ime_1

ということでウィンドウズ10ではoffice2010、office2013、office2016どれをインストールしてもMicrosoft IME 2012(製品バージョン15.0)になると思われます。

ちなみにoffice2010をインストールしてあるwindowsからアップグレードしてwindows10にした場合Office IME 2010とMicrosoft IMEが競合して不具合が出ることがあるようですのでその場合はOffice IME 2010をアンインストールするのが良いようです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です