スポンサーリンク

Windows10から元のOSに戻す

Windows10で何か不都合があって元のOSに戻す

私はWindows7からWindows10にアップグレードしてからほとんど不満がないのですが、外付けの機器が対応していないだとか、必要なソフトが動かないとかで困っている方もいらっしゃるかと思います。

私はマイクロソフト謹製のWindowsVirtualPCというOSの中でOSを起動するソフトが動かないのが少し不満ですが、Hyper-Vという同等のソフトがあるのでWindows7に戻す必要性を感じていません。WindowsVirtualPCはすでにWindows8の時から使えませんが。また、Hyper-Vも今のところは使っていません。

で、Windows10から元のOSに戻すのは簡単です。

Windows10から元のOSに戻す手順

スタートボタンをクリックして設定をクリックします。

returnos

 

設定のウィンドウが開きますので更新とセキュリティーをクリックします。

 

 

returnos_1

回復をクリックします。私はWindows7からアップグレードしたのでWindows7に戻すというところがあります。開始するをクリックします。

returnos_2

いきなりは元に戻しませんので安心してください。それと上の図に書いてあるようにWindows10にアップグレードしてから1か月間のみ使うことができますとあるように期限があります。

私はもともとのインストール済みのアプリや保存ファイルなどあまりなかったので元のOSに戻しても大丈夫でしたが、一部不具合もあるかもしれません。

開始するをクリックするといくつかの画面が表示されますが、どんどんと進めてください。

rollback_1

何か選択しないと進めません。

rollback_2

この注意書きはよく読んだほうがいいと思いますが、読んだところでどうしようもありませんので次へ進んでください。

rollback_3

以前のログインパスワードが必要なようです。

rollback_4

やっとここまできました。ここでWindows7に戻すをクリックでやっと元に戻すことができます。

rollback_5

これで私は無事に元の環境に戻りました。

ちなみに設定画面の回復の開始ボタンを押して下のような画面が表示されたらもとには戻せないようです。

returnos_3

パソコンの中にWindows.oldというフォルダに以前のOSの情報があるようでこのフォルダがなかったり壊れているとうまくいかないようです。

rollback

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です