スポンサーリンク

Windows10再インストールについて

Windows10アップグレード後の再インストール

Windows10 もしもの時に1に書きましたが、Windows10アップグレード後にOSを入れなおす場合について現在私がわかっている範囲で追記及び再度まとめとします。

■Windows7はSP1(サービスパック1)からWindows10への無償アップグレードが可能です。

基本的にはすべてのWindows7SP1が対象のはずですが、XPからアップグレードした場合など対象となっていないかもしれません。私のノートパソコンが2017/9/2現在「準備ができたら通知する」から進んでいません。もしかしたらハードが対象外で自動アップグレードはできないのかもしれません。

■Windows 8.1からWindows10への無償アップグレードも可能です。

Windows8はいったんWindows8.1にアップデートしたのちにWindows10への無償アップグレードも可能となります。そのままではWindows10への無償アップグレードはできません。

■無償アップグレードは2016 年 7 月 28 日まで

ここでめったにないことですがWindows10を再インストールする場合のこと再度まとめます。

何らかの利用でいったんWindows10に無償アップグレードしたもののWindows10を再イストールする場合、無償アップグレード金であれば元のOSをインストールして延々とウィンドウズアップデートをかけて無償アップグレードが出るまで頑張れば再インストールは可能だと思われます。

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10からインストールメディアをダウンロードしておけば元のOSが認証された状態ならウィンドウズアップグレードを頑張らなくてもすぐにWidnows10にアップグレードできます。前述のノートパソコン(同じのが複数台ある)はインストールメディアからアップグレードしました。

次に元のOSをインストールして再度Windows10にアップグレードするのは面倒ですのでいきなりインストールメディアでWindows10をインストールしたいのですが、このときWindows10をインストールする際にシリアルキーを入力しなければなりません。

このシリアルキーがアップグレードの際に通知されていませんので困ります。マイクロソフトのホームページでは見つからなかったのですが、ラインセンスは認証されないがインストール用の汎用シリアルキーなるものがあり、OSインストールマニア?界隈ではジェネリックキーとして当たり前のように使用されているようです。

現在Windows10を無償アップグレードで使っている方は自分のシリアルキーを確認(記述しているところはないのでフリーソフトを利用して確認してみてください。)されるとこのジェネリックキーと同じもののはずです。

ということでWindows10の無償アップグレードは1種類のジェネリックキーで賄われているようです。

さすれば、ということでインストールメディアとジェネリックキーでどんなパソコンでもWindows10をインストールできるかというとそうではありません。そんなことができてしまうとWindows10を無料で配っているようなもので海賊版と言われる不正なOSを使っているパソコンにもWindows10を無償でインストールできてしまいます。私がそうでした。Windows7のパソコンが複数台あり、インストールメディアとジェネリックキーがあるものですから、ウィンドウズアップデートが面倒なのでWindows7を削除して上書きするようにWindows10をインストールしようとして認証されずに???の状態でした。

一度無償アップグレードしたパソコンはハードディスクをきれいに削除してしまってもすでに認証されているのインストールメディアから直接ジェネリックキーでインストールすることが可能です。https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10にアップグレードした後で、Windows 10 を再インストールすることはできますか。という項目があり

はい、できます。無料アップグレードを使用して Windows 10 にアップグレードした後、同じデバイスに再インストール (クリーン インストールを含む) できます。同じハードウェアで再度ライセンス認証を行う際は、プロダクト キーは必要ありません。ハードウェアに大きな変更を加えた場合は、カスタマー サポートに連絡してライセンス認証に関するサポートを受けなければならない場合があります。

とあります。

なのでおそらくですが、以下がまとめです。

Windows10に無償アップグレードをするとそのパソコンはWindows10搭載機として認証を受けたことになりますので、インストールメディアとジェネリックキーで再インストールが可能です。

無償アップデート期間終了後も認証自体は引き続き有効なはずなので再インストールは可能だと思われます。(これは私の推測)

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です