スポンサーリンク

スタート画面とWindowsキー

Windows8.1で起動時にデスクトップを表示することが出来ますのでスタート画面を見なくてもやりたいことが完結することがあるかもしれません。

よく使う機能はデスクトップにショートカットを作成しておけばいいです。タスクバーにピン止めする場合は、アプリケーションが立ち上がっている状態で、タスクバーにアイコンが表示されていますので、タスクバーのアイコンを右クリックして、「タスクバーにピン留する」をクリックしてください。

しかし、めったに使わないアプリを起動する場合は、スタート画面を表示して、すべてのアプリを表示してから、該当アプリを起動することになります。

デスクトップから、スタート画面の表示は、モニターの右上端か、右下端にマウスポインターを移動し、チャームを表示し、スタートをクリックします。

キーボードを触っているときにいちいちマウスに持ち直すのは面倒です。

そこで windowskey ウィンドウズキー を叩きます。デスクトップ画面から、スタート画面が表示されます。再度 windowskey ウィンドウズキー でデスクトップに戻ります。

スタート画面からすべてのアプリに移動するときですが、Windows8ですべてのアプリを表示するの場合もWindows8.1ですべてのアプリを表示する場合もマウスをもっての操作ですから、便利さが半減です。

スタート画面とすべてのアプリはctrlCtrlキーを押したままtabTabキーをたたきます。Ctrlキー + Tabキー でスタート画面とすべてのアプリの画面を行き来できます。すべてのアプリの画面では、矢印キーarrowでアプリを選択しエンターキーで起動できます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です