スポンサーリンク

太字 斜体 下線

word2013まで共通

アンダーラインや斜体、太字なども表現できます。

アンダーラインや斜体、太字を適用したい箇所を選択します。

ホームタブのフォントのBがボールド(太字)、Iがイタリック(斜体)Uがアンダーライン(下線)のボタンになります。適用したい効果のボタンをクリックします。

画像はword2013home

今日の天気は晴れ                            斜体

今日の天気は晴れ                     太字

今日の天気は晴れ                     太字斜体

word2003以前は書式のツールバーのフォントサイズとなりに太字のBイタリックのI下線のUのボタンがあります。

いずれも、同じ個所を選択し再度ボタンをクリックすることで太字、斜体、下線それぞれ解除することが可能です。

下線については下線のボタンの右隣の▼でプルダウンメニューから河川の種類を選択することができます。

画像はword2013となりますが、word2002(officeXP)まで共通です。underline

 

word2000以前はツールバーのUのボタンからは下線の種類を変更することはできません。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です