スポンサーリンク

セーフモードでの起動

ワードや、エクセルに不具合が起きた場合、いったんセーフモードで起動すれば問題が解決することがあります。

通常起動の時にCtrlキーを押したままにします。ショートカットキーをダブルクリックで起動している場合はCtrlキーを押したままダブルクリックしてください。

ワードをセーフモードで起動する。Ctrlキーを押したまま、ワードのショートカットアイコンから起動してみました。

ワードが起動してすぐに下のダイアログボックスが表示されましたので同意するをクリックします。

これでセーフモードから起動できました。エクセルも同じ要領です。

また、コマンドで起動したい時は

winword.exe /safe

と入力してください。エクセルの場合は

excel.exe /safe

になります。

 

特にワードの場合はNormal.dotmというファイルが損傷している場合がありますので

C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Microsoft\Templates

の中のNormal.dot(m)を削除してから通常起動すれば問題可決する場合があります。起動時にNormal.dot(m)がなければ自動で生成されるようです。Normal.dot(m)に初期設定を変更した内容などが保存されているようですのでカスタマイズした内容は消えてしまいます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です