スポンサーリンク

MS-IMEファンクションキーの使い方F6~F10

文章入力をして行く中でカタカナで表示したい場合やアルファベットで表記したい場合などがあると思います。その場合ファンクションキーを利用すると便利です。

ファンクションキーはキーボードの一番向こう側に並んでいるキーです。機種によって表記方法が異なりますがF1のようにキーに印刷されているのが一般的です。F1~F12まであります。利用するソフトによってさまざまな機能が割り当てられていますがMS-IMEではF6~F10までを変換に割り当てています。

 

F6          入力を強制的にひらがなにします。

F7          カタカナ(全角)にします。

F8          カタカナ(半角)にします。

F9          アルファベット(全角)にします。

F10        アルファベット(半角)にします。

 

日本語入力システムをオンにして

『ぴあの』『ピアノ』『ピアノ』『piano』『piano』を打ち分けてみましょう。

キーボードからPIANOと入力し

ファンクションキー

入力

結果

F6

PIANO

ぴあの

F7

ピアノ

F8

ピアノ

F9

piano

F10

Piano

 

ファンクションキーのポイント

1.《パソコン》や《キッチン》などのように通常カタカナで表記するものは普通にスペースキーを使った変換でも通常1回で変換できます。

2.文中でアルファベット表記したい場合はアルファベットのつづりをそのまま入力してください。
《DOG》→D.O.Gと入力します。《どg》と表記されますがF10キーを押すことで《DOG》と表記されます。

3.アルファベットは英単語としての利用が多いと思います。確定前にF10またはF9キーをもう1度(2回)押すことでで全部大文字になります。さらにもう1度(3回)押すと1文字目(最初の文字)だけが大文字になります。

4.ひらがなは半角文字がありません。(漢字も半角はありません。)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です