カテゴリー別アーカイブ: マイクロソフトエクセル

文字列なのに数値と認識される

わかりずらいタイトルですね。自分もあとで困る気がします。

よくあるのが1-2のような表示にしたいのでそのまま入力すると日付になってしまうという分です。

このまま表示してくればいいのですがEnterキーで確定したとたん日付の表示になってしまいます。

入力したのは1-2なんですが表示は1月2日となっています。さらに値も2017/1/2と日付になってしまっています。こうなってしまうと入力した1-2という値は保持されていません。

1-2と表示させたい場合は入力前に表示形式を文字列に変更してから1-2と入力してください。

ホームタブの数値の数値の書式から文字列を選択したのちに1-2と入力します。

文字のつもりで入力したら違う表示になってしまった場合はセルの書式を文字列にしてから入力しなおしてください。

1-2が1月2日と表示される以外にこのようになるパターンとしてはスラッシュ(/)を入力したら日付になるパターンなどもあります。

ハイフン、スラッシュ、コロンが日付、時間になるパターンですね。あとは午前、午後のAとMもあります。午前午後は0から12までの数値の後スペースAまたはPの形です。AとPは小文字でも構いません。

指数表現の数値e数値のパターンもあります。

 

商とあまり 負の数の除算

商とあまりを1つのセルに1発で表示する関数は残念ながらありません。

商とあまりを個別に計算して1つのセルに表示するしかないと思います。まずは、商の部分を計算してみます。

10割る3を計算すると答えは3.33333333という循環小数になります。今回は余りを出しますので小数点以下不要です。

使える関数としては
ROUNDDOWN関数、INT関数、TRUNC関数、QUOTIENT関数なんかが挙げられると思います。私の環境では、QUOTIENT関数がそのまま使えましたが開発タブを表示しないと、QUOTIENT関数は使えないかもしれません。

QUOTIENT関数は除算の商の整数部を返します。 商の余り (小数部) を切り捨てる場合に、この関数を使用します。
ROUNDDOWN関数は数値を指定された桁数で切り捨てます。
INT関数は指定された数値を最も近い整数に切り捨てます。
TRUNC関数は数値の小数部を切り捨てて、整数または指定した桁数に変換します。

ではエクセルで実際に比べてみたいと思います。

それぞれのセルには以下の数値、数式が入っています。

A2   10
B2     3
C2    =A2/B2
D2    =ROUNDDOWN(A2/B2,0)
E2    =INT(A2/B2)
F2    =TRUNC(A2/B2,0)
G2    =QUOTIENT(A2,B2)

ROUNDDOWN関数、INT関数、TRUNC関数、QUOTIENT関数いずれも同じ答えが出ています。(FLOOR関数忘れてましたね。時間計算3 FLOOR 関数四捨五入、切り上げ、切り捨て ROUND関数 ROUNDDOWN関数 ROUNDUP関数 TRUNC関数 INT関数

この表の割られる数(被除数)を9,8,7と減らしてみます。

INT関数だけが答えが違うところがあります。被除数がマイナスになってからほかの関数と答えが違ってきましたね。

では、商の部分はINT関数を使うかそれ以外の関数を使うかということで先にあまりに進みます。

MOD関数(エクセルでじゃんけんゲーム MOD関数)を使って余りを計算します。

H列にあまりを計算する数式
=MOD(A2,B2)
を入力しました。

余りが規則正しく繰り返されていますね。

これで答えが出たようです。検算しますね。2行目は10を3で割ったら何あまり何ですか。ということなので

10 ÷ 3 = 3あまり1

10割る3は3あまり1ですね。割る数の3と商である3を掛けて余りの1を足してあげれば10になりますよね。ほかの行、割られる数が負の場合を見てみましょう。被除数がマイナスの時はINT関数の答えはほかの関数の答えと違っていましたね。

被除数が-10の時を見てください。

-10 ÷ 3 =-3あまり2
-10 ÷ 3 =-4あまり2

の2通りの答えが出ているように思います。どちらが正しいのでしょうか

-10 ÷ 3 =-3あまり2 検算 3 × -3 +2 = -7
-10 ÷ 3 =-4あまり2 検算 3 × -4 +2 = -10

なので-10 ÷ 3 = は-4 あまり 2 となります。なんかしっくりこないような気がします。計算結果はあってますが、-10 の中に 3 がマイナス4回あるのか?ってとこですよね。日常の感覚から言えば-10 の中に 3 がマイナス3回あるので 3 × -3で-9になり、あと-1を足してあげればいいと思いますね。

-10 ÷ 3 =-3あまり-1 検算 3 × -3 -1 = -10

これが納得いきそうな答えに思えます。ということはMOD関数がおかいしいのでは?巻子のヘルプには以下のように書かれています。

表示形式 (数値)

和暦の表示形式は表示形式 日付(和暦)を参照してください。

空白のセルでホームタブの数値の数値の書式右の下向き三角▼をクリックしてその他の表示形式をクリックします。

セルの書式設定のダイアログボックスが表示されます。表示形式タブの分類が標準になっています。

一番下のユーザー定義をクリックします。

種類のところにG/標準と表示されています。その下には沢山の表示形式の例が表示されています。この中で1番長い書式を選択して中身を確認していきます。

_ ¥* #,##0.00_ ;_ ¥* -#,##0.00_ ;_ ¥* “-“??_ ;_ @_

という書式を設定してみました。記号がいっぱいでとてもややこしいイメージですね。まずはこの長い書式設定の中からセミコロン(;)に注目してください。

_ ¥* #,##0.00_ ;_ ¥* -#,##0.00_ ;_ ¥* “-“??_ ;_ @_

セミコロンが3つありますのでセミコロンの前後で全部で4つのパーツに分かれています。

正の数の表示形式 ; 負の数の表示形式 ; ゼロの表示形式(空白時) ; 文字列の表示形式

とそれぞれ独立しています。このセミコロンは最大3つ(4つのパーツ)まで指定できます。セミコロンが2つだと頭から3つ分の指定で、文字列の時の表示形式は特に指定なしということになります。セミコロン1つだと正の数と負の数の時だけ表示形式指定されているということです。

ちなみに
;;;

とセミコロンを3つ続けて指定すると正の数、負の数、ゼロの時、文字列いずれの場合も何も表示しないことになり、セルにどんな値を入れても何も表示されません。(数式のエラー表示はさすがに表示されますけど)

なので文字の時だけ表示するような表示形式は
;;

としておけば正の数、負の数、ゼロの時は表示なし、文字列は指定なしとなります。

次に各記号の意味についてです。

_      スペース(空白) _の代わりに半角スペースでもいい
¥     通貨スタイルの¥マーク
*     後ろの文字を繰り返してセル内を埋める
#    数値(の1桁) ゼロは表示しません
,     桁区切り
.     小数点
0    ゼロ ゼロ以外の数値はその数値、そうでなければ0を表示する
“”  ”と”の間の文字列を表示します。
?     少数部分の余分な0をスペースとして表示
@   文字列 入力された文字列そのもの

大変ですが、これであとは解読するだけになりました。

まずは正の数の場合を見てみます。
_ ¥* #,##0.00_ ;_ ¥* -#,##0.00_ ;_ ¥* “-“??_ ;_ @_

  • _        この正の部分は入力値(計算結果)が正の数の場合左にスペースを空けます。
  • ¥       通貨スタイルの¥を表示します。
  • *        値が表示できる領域までスペースで埋めます。*の後ろにスペースがある。
  • #,##0.00    4桁以上なら桁区切りのカンマを表示し、小数点部分は必ず2桁表示します。
  • _       最後にスペースを取ります。

次に値が負の場合
_ ¥* #,##0.00_ ;_ ¥* -#,##0.00_ ;_ ¥* “-“??_ ;_ @_

負の場合は正の場合と違うところは – (マイナス)が入っているだけなので正の数の場合と同じ表示形式で数値の頭にマイナスがつくだけです。

値が0(空白)の時は、
_ ¥* #,##0.00_ ;_ ¥* -#,##0.00_ ;_ ¥* “-“??_ ;_ @_

  • _ ¥*    ここまでは正の場合、負の場合と同じです。スペース¥マーク、スペースで埋め尽くす
  • “-“      ハイフンを表示。””は任意の文字列を表示します。
    ??       0なので小数点以下はありませんが?2つなので2つスペースを表示します。
  • _       最後にスペースを取ります。

値が文字列の時は
_ ¥* #,##0.00_ ;_ ¥* -#,##0.00_ ;_ ¥* “-“??_ ;_ @_

  • _ @_     前後にスペースを取って文字を表示

となります。

自分で手入力ですべて設定する場合
_と¥の間にスペースが必要だったり_と@の間にもスペースが必要だったりします。

表示形式 日付(和暦)

表示形式はとっくにご紹介済みだと思っていましたがカテゴリ分けをしていたらまだだったことに気づいて慌てて書いています。どこかに重複していませんかね。

以下のような表で生年月日が入っています。この西暦/月/日の表示は入力したとおりに表示されています。この表示を和暦で表示したいと思います。

1996/5/7を平成8年5月7日と打ち直してもいいのですが(本当はよくないです。自動で日付の表示形式になっているので打ち直しても元の1996/5/7に戻ってしまいます。)1996年を自分で和暦に変換する必要がありますね。

1989年を境に平成と昭和の自動変換は私の処理能力では追いつきません。対象セルを選択し表示形式を変更することで和暦に変更したいと思います。

和暦に変更したいセルを選択して、ホームタブの数値の数値の書式の右にある下向き三角▼をクリックします。その他の表示形式をクリックします。

セルの書式設定のダイアログボックスが表示され増す。選択したセルは元々日付だったので分類が日付になっています。右側の種類の中にはスクロールして探しても和暦がありません。

左の分類の一番下のユーザー定義をクリックします。

現在の表示形式の西暦4桁/月/日の形である
yyyy/m/d
が選択されておりサンプルのところ現在の表示形式で表示されています。

おそらくすぐ上に[$-ja-JP]ggge”年”m”月”d”日”があると思いますのでクリックします。サンプルが和暦に代わっているのでOKボタンをクリックしてください。

表示が和暦に変更されました。

セルB2の値は1996/5/7のままで見え方だけ和暦になっています。表面上は文字ですが計算できる日付(数値)のままです。ちなみに年齢はDATEDIF関数で計算しています。

ggge”年”m”月”d”日”ですが””で囲まれているところは文字としてそのまま表示されるところになります。mは月dは日を表します。gggeが和暦の元号付きの年表示です。

e          数値だけ
ge       和暦のアルファベット付き数値 平成ならH27とか
gge 和暦の漢字1文字付き数値   平成なら平27とか
ggge 和暦の漢字と数値                            平成なら平成27とか

になります。また見ていただいたらわかる通り月と日は1桁表示と2桁表示が混じっています。ふつうはそうでいいと思うのですが表で並べると表示のがたつきが気になります。

m   月の1桁と2桁が混じる
mm     1桁の月は頭に0を付けて2桁表示にする

d   日の1桁と2桁が混じる
dd       1桁の日は頭に0を付けて2桁表示にする

gge”年”mm”月”dd”日生まれです”
という表示形式にすればがたつきがなくなり見やすくなるかもしれません。頭の[$-ja-JP]は省略可能です。

でも、まだ気になる人は気になりますね。平成1桁生まれの人はやっぱり数値1文字分文字列が短いです。

gge”年”mm”月”dd”日生まれです”のggeが和暦の漢字1文字付き数値でeが数値を表していますのでggeをggeeとeを1つ増やしてください。

これでうまくいきました。日別月間 万年スケジュールでも少し触れていますが日付から自動で曜日を表示形式で表示することが可能です。

aaa     和暦の曜日1文字 火
aaaa   和暦の曜日3文字 火曜日

となっています。

gggee”年”mm”月”dd”日””(“aaaa”)”

このように表示形式を変更してみてください。

曜日が()に囲まれて表示されています。

曜日はdddまたはddddでも表示されますが[$-ja-JP]を省略した場合は英語表記(Tuesdayのような)になりますので和暦の場合はaaaかaaaaをご利用になるのをお勧めします。

エクセルのエラー表示

数式を入力した後や、データを入力した後にエラーメッセージが表示されることがあります。エラーメッセージにはそれぞれ意味がありますので意味を理解しておけば修正作業も簡単にになると思われます。

#####

セルの幅より長い桁数の数値が入力されている場合や、日付や時刻で負の数値が入力されている場合に表示されます。文字がセルの幅より広い場合はセルの幅の分の文字が表示されエラーは発生しません。

セルの幅が不足しているので#####が発生している列見出しと隣の列の列見出しの間でダブルクリックし列の幅を最適化します。この状態でなお、#####が表示されている場合は日付や時刻で負の数値が入力されていると思われるので値と表示形式をよく確認しましょう。

#DIV/0!

数式で0による割り算が行われた場合。セル参照先が空白やゼロになっていないか確認する

#VALUE!

引数やオペランドの種類が正しくない場合に表示されます。概ね、数式が正しくない場合に表示されます。

引数が正しくない場合の例として
=IF(“a”,”正しい”,”正しくない”)
のように本来、論理式を入れるべきところに文字列を入れてしまった場合など。

#REF!

参照先のセルがない場合などに表示されます。数式をコピーしたり、列や行を削除した場合などに多いようです。
1つ上のセルの値を参照する式を1行目にコピーするとか、左隣の列の値を参照しているのに列を削除してしまい、数式自体が左に積めらた場合などです。

#N/A

数式で参照の対象が見つからないことを示しています。よくあるのがVLOOKUP関数などで参照する値が参照先にない場合に表示されます。

#NUM!

数式または関数の数値がおかしい場合に表示されます。SQRT関数はルート算出してくれますが、マイナス値はダメなようで#NUM!のエラーが表示されます。
=SQRT(-4)

#NULL!

交差演算式に指定された2つのセル範囲に交差部分がない場合などに表示されます。参照演算子の3つ目の項目参照してください。

Webクエリ

エクセルにWebの情報を貼り付けエクセルで情報を更新することができます。

定期的にWebのデータをエクセルにコピーして、計算しているような場合大変便利です。ただし、IDパスワードなどでログインが必要なページには対応していないようです(毎度ログインすれば可能だと思います)。

簡単な方法をご紹介します。今回は気象庁の天気予報で試してみます。天気予報は毎日更新されていますし、何らかのデータを取得するのに最適かもしれません。

まずは定期的にデータを取得したいページを表示します。今回は奈良県の天気です。

http://www.jma.go.jp/jp/yoho/335.html

サイト内の適当なところをドラッグしてコピーします。これは本番の取得したいデータでなくても大丈夫です。

エクセルのデータを張り付けたい範囲の左上角のセルを選択します。ホームタブのクリップボードの貼り付けのボタンの下の下向き三角▼をクリックします。

プルダウンメニューの更新可能なWebクエリをクリックします。

別ウィンドウ(ダイアログボックス)が出てきて先ほどの気象庁の奈良県の天気のページが表示されます。

うまくスクロールしたり、ダイアログボックスを拡大したりして目的の情報が表示されるようにします。ダイアログボックス内に黄色い(オレンジ?)の右向き矢印の四角いアイコンが表示されていますね。目的の情報に合う矢印のアイコンをクリックします。

範囲が選択されますこの部分のテキストデータが取り込まれます。右下の取り込みボタンをクリックします。

少し時間がかかりますが情報が取り込まれました。

見た目的に元のサイトと同じような感じですね。このままではデータが使いにくい場合はここを触らずに必要な情報のあるセルの情報をセル参照しておけばいいですね。

これで取り込みは完成です。ファイルを保存しておいてください。

Webクエリの更新

Webクエリは自動更新ではありませんので新しい情報を取得する際は更新作業が必要です。Webクエリの表の中の任意のセルを選択します。そして右クリックします。プルダウンメニューが表示されますのでクエリの編集をクリックします。

先ほどと同じダイアログボックスが表示されます。範囲は既に選択済みになっているので取り込みボタンをクリックします。

これでエクセルの情報が更新されます。毎度、ブラウザを起動してサイトを表示し、範囲選択、コピー貼り付けよりスマートだと思います。

ただし、すべてのページのすべての部分がエクセルからWebクエリとして取り込めるわけではないようです。

HTMLとして出力されているものはWebクエリとして取り込めるようですが、JavaScriptで出力されているような情報(Webページでソースの表示で表示されないような情報)は選択の黄色い矢印が表示されません。

 

ウィンドウ枠の固定

データ量の多いエクセルの表を扱うときには、ウィンドウ枠の固定というものが便利です。

50行、100行と行数の多い表はパソコンの画面ですべてのデータが一覧で見られない場合があります。

もちろんスクロールすればすべての行を見ることができますが、その場合1行目や、2行目にある表の見出しが隠れてしまい値の見出しがわからなくなってしまいます。このようなときにウィンドウ枠の固定を利用します。

いつでも表示しておきたい行の1行下を行選択します。今回は1行目を常に表示しておきたいので2行目を行選択します。

windowwaku

表示タブのウィンドウのウィンドウ枠の固定をクリックします。3つメニューが表示されますので一番上のウィンドウ枠の固定をクリックします。

windowwaku_1

選択した行からの上にある行は縦にスクロールしても常に表示されたままです。今回は縦にスクロールしても1行目は常に表示されています。

windowwaku_2

ウィンド枠の固定を解除する場合は再度ウィンドウ枠の固定をクリックしてウィンドウ枠の固定の解除をクリックします。ウィンドウ枠の固定の所が解除に替わっています。

windowwaku_3

また、列数の多い横長の表で、A列やB列などに見出しがあり、この見出しをいつでも表示しておきたい場合は固定したい列の右隣の列を選択してからウィンドウ枠の固定をします。今回はA列を常に表示しておきたいのでB列を列選択します。

windowwaku_4

ウィンド枠の固定をクリックします。横にスクロールしてもA列は常に表示されています。

windowwaku_5

さらに行も列も固定したい場合は見出し行、と見出し列の交差するセルの右下のセルを選択した後、ウィンドウ枠の固定を実施します。今回は1行目とA列を表示しておきたいのでセルB2をクリックし選択しておきます。

windowwaku_6

この状態でウィンドウ枠の固定をすると縦横にスクロールしても1行目とA列は常に表示されたままになっています。

windowwaku_7

条件付き書式1

日別月間 万年スケジュール(万年)カレンダーでも取り上げていますが改めて条件付き書式をご紹介します。

大雑把に書式は文字やセルの色や書体、罫線など見栄えに関することです。その書式をセルの値(自分のセルやほかのセル)により動的に変更させましょうというのが条件付き書式です。

例としてセルA1からA20まで

=RANDBETWEEN(0,100)

という式を入れてあります。0から100までの数値がでたらめに表示されます。

jyoukentukishoshiki

数式の結果によりセルの塗りつぶしの色を変更します。50未満は青51以上は赤にセルを塗りつぶすことにします。変更したいセルを選択した状態でホームタブのスタイルの条件付き書式をクリックします。いろいろと選択肢がありますが、新しいルールをクリックします。

jyoukentukishoshiki_1

数式を使用して書式設定するセルを決定をクリックして選択します。少し見た目は違いますが(選択すると少し小さくなる)

jyoukentukishoshiki_2

数式を使用して書式設定するセルを決定の画面になりましたので以下のように入力します。

=a1<50

jyoukentukishoshiki_3

ここちょっと違和感あると思います。まず一番最初の=は形式上必要なのであまりイコールの意味に引っ張られないでください。とにかく必要だというだけでそれ以上気にしないでください。

次に気になるのはa1が来ることです。複数のセルに条件付き書式を設定するのですべてのセルがa1セルの値を基準に判断しそうな気がしてしまいそうですが、きちんとそれぞれのセルに対応してくれます。(ただしセルをクリックして選択した場合絶対参照になりそのセルしか参照しないようになりますので気を付けてください。)

で<50となります。もし77と等しい時だけ色を付ける条件付き書式の式だったら

=a1=77

となり=が複数出てきて???になりますが初めの=は単なる記号だと思って無視してください。

次に右下の書式のボタンをクリックします。

jyoukentukishoshiki_4

このダイアログにある項目が条件付き書式で設定できます。塗りつぶしのタブの背景色から青を選択しOKボタンをクリックします。

jyoukentukishoshiki_5

元の画面に戻ってきますのでOKボタンをクリックします。

jyoukentukishoshiki_6

50未満のセルが青く塗りつぶされました。同様に同じセル範囲を選択したまま51以上の条件付き書式を設定します。

jyoukentukishoshiki_7

これでセルの値が50未満はセルの色が青、51以上はセルの色が赤になりました。

jyoukentukishoshiki_8

途中で間違えたり不要になったときは条件付き書式のルールの管理をクリックします。

jyoukentukishoshiki_9

このダイアログで修正削除、新規ルールの追加が可能です。ただ気を付けてほしいのは条件付き書式を設定しているセルを選択した状態でルールの管理をクリックしてください。何の表示されない場合は書式ルールの表示でこのワークシートを選択すると一覧表示されるます。

 

オートフィル4

オートフィルには既定のユーザー設定リストがあります。決まったパターンはオートフィルで連続データとして入力できます。オートフィル3参照してみてください。

初期設定されているユーザー設定リストは以下の通りです。

autofill2

11個一緒にオートフィルします。

autofill2_1

意外と使い勝手のよさそうなものがないようですね。

autofill2_2

自分でユーザー設定リストを追加してみます。ファイルタブをクリックするとちょっと表示が変わります。一番下のオプションをクリックします。(ちなみに元のエクセル画面に戻るには、左上の左向き矢印をクリックします。)

autofill2_3

詳細設定をクリックします。右のスクロールバーを一番下まで下げるとユーザー設定リストの編集のボタンをクリックします。

autofill2_4

オプションのダイアログが開きます。ここで入力する場合はユーザー設定リストが新しいリストになっているの確認しリストの項目に入力していきます。一つずつ開業して入力し最後に追加のボタンをクリックします。

今回はすでにエクセルに入力されているセルをユーザー設定リストに指定します。下のリストの取り込み元範囲の空白をクリックします。

autofill2_5

エクセルにすでに用意してあるユーザー設定リストにしたいセルをドラッグします。

autofill2_6

元の画面に戻ってきますのでリストの項目を確認しインポートのボタンをクリックします。

autofill2_7

これで設定されましたので都道府県が連続データとして入力できます。

autofill2_8

もちろん北海道から始める必要はありません。そしてこれはエクセル自体に保存されますので新しいブックでも使用することが可能です。

autofill2_9

オートフィル3その2

オートフィルで月日の連続データを入力する

任意のセルにはじめとなる月を入力します。数値は半角英数で入力します。漢数字ではうまくいきません

autofill

月が入力されたセルを選択しフィルハンドルをドラッグします。(セルの右下の四角にマウスポインタを合わせマウスポインタの形状が黒十字になってからドラッグ)       autofill_1

任意のセルでドロップ(マウスのボタンを離す)します。

autofill_2

月の連続データが入力できました。同様に日付もやってみます。

autofill_3

うまくいきました。ちなみにもう少し多くのデータをオートフィルで入力してみます。月のセルと日のセル2つを選択しオートフィルをかけてみます。

autofill_5

月のデータは12月の月が1月なりましたが日の方は31日を超えて32,33とどんどん増えていってしまいます。月の方はエクセルのユーザ設定リストというところに設定されており1月から12月が繰り返されるようになっています。日付は大の月小の月、うるう年などがあるかか、設定されていません。

一つのセルに月と日を入力すればうまくいきます。

autofill_6

画像左上の名前ボックスにD1と表示されており、数式バーにはセルD1の値が表示されています。入力は1月20日としましたがエクセルは今年の1月20日と認識しています。数値と文字の組み合わせで数値だけが増えていくのではなく日付として1日ずつ増えていくことになります。うるう年の2月の月末もうまく表示されます。

表示上日付のみ表示したい場合いったん月日で入力し日付と認識させてからオートフィルを実行し表示形式を変更します。曜日の表示を参照してみてください。

表示形式を変更したいセルを選択し、ホームタブの数値のプルダウンからその他の表示形式を選択します。現状の表示形式が表示されますので種類の部分の月の表示を削除します。

d”日”

としておけば日付だけ表示されます。

autofill_7

表示形式はいろいろとありますが日付の表示は比較的簡単ですので挑戦してみてください。

autofill_8